御殿場口

御殿場口

富士登山の4大登山口にあげられる御殿場口。御殿場口から富士登山を行うことのメリットやデメリットをここでは取り上げてみたいと思います。

 

御殿場口の最大の魅力はなんといっても、他の登山道にくらべて登山者の数が少ないことにあります。ですので、ゆったりとして登っていけるというようなメリットがあります。

 

混雑していて、あまり登山している気分に浸れないというような方は御殿場口からの登山が良いのではないでしょうか。さらに新五合目の標高がそれほど高くないことも特徴のひとつです。標高の高度に対して、徐々に身体を慣らしながら進んでいけるので、高山病の症状もでにくいでしょう。

 

ご来光はどの位置からでも拝めるというのもメリットですね。富士登山の目的のひとつがご来光であるというような方には嬉しい登山口ではないでしょうか。また、大砂走りといわれるポイントがあるので、楽しみながら下山できるというメリットもありますね。ですが、バスの本数が他の登山口と比べるまでもなく少ないのです。ですから基本的にアクセスしづらいといった側面があります。ただし、マイカーなどの駐車スペースに困るといったことはほとんどないでしょう。

 

理由としては明快至極です。登山者が少ないということですね。ですが、登山者の数が増加してくると駐車スペースがなくなってしまうこともあるので注意が必要です。さらに登山者が少ないということは山小屋の利用も快適に行えるということでもあります。すし詰め状態で、休憩するといったこともほとんどないために、のんびりと休憩できるでしょう。

 

ただし、デメリットの面もあります。まず標高が低いということがそのひとつです。標高が低いということがすなわちそれだけ長い距離を歩いていかなければ頂上までつかないということです。

 

他の登山口と比較するとかなり低い位置にあるので、体力のないような方には難しいかもしれませんね。また、砂礫道といわれる登山道の環境がが足下を不安定にさせてしまうということがあります。滑りやすくもあるので体勢の維持だけでけっこうな体力を使ってしまう可能性があります。

 

さらに言うなら、この砂礫道が方向感覚や一感覚を奪ってしまうことがあります。結果として、道に迷ってしまうということになるのです。ですので、夜間に富士登山を行おうと考えて居るのであれば注意が必要です。万が一を考えると、富士登山になれた人に同行してもらうのが吉です。

 

他にも山小屋が少ないというデメリットがあります。登山者の数が少ないのですから、それも致し方のないことなのですが、他の登山口と比較しても山小屋は少ないです。

 

ですので、休憩をはさむタイミングは各自でしっかりと確認しておきましょう。新五合目から7合目に関しては、山小屋のみならずトイレや売店もありません。ですので、天候が悪くなってしまったり、体調不良や怪我をしてしまったときの対処が難しいといった点も難点だといえるでしょう。

酵素ドリンク一覧

酵素ドリンクとは

酵素ダイエットとは

酵素とは

関連コラム

最新記事