ストレートネックの痛みが強いときには薬物療法がおこなわれる

ストレートネックの痛みが強いときには薬物療法がおこなわれる

ストレートネックによる痛みが激しいのであれば、保存療法以外にも薬物療法が行われることもあります。

 

痛みがほとんどない、またはそこまで痛みを感じないのであれば、装具を付けたり保存療法だけで十分なのですが、治療初期の頃に痛みが強いときには薬物療法がおこなわれる可能性も高いです。

 

薬物療法を行って、患部の炎症を抑えたり、痛みを和らげていきます。なお、ストレートネックによって骨が変形をしてしまっているだけの場合は、薬物療法がおこなわれるということはありません。炎症や痛みを改善させるために使われるものとして、非ステロイド性消炎鎮痛剤が処方されることが多いです。

 

プロスタグランジンといわれる物質が作り出されることによって、炎症や痛みがひどくなってしまいます。このプロスタグランジンが作られにくくするように作用をするのが、非ステロイド性消炎鎮痛剤なのです。非ステロイド性消炎鎮痛剤には、インドメタシンといわれる成分が含まれています。このインドメタシンによって痛みや炎症を緩和させているのです。

 

ステロイドと比べると、どうしても効果は見込めないのですが、ステロイドのような強い副作用が現れる可能性は低いです。

 

非ステロイド性消炎鎮痛剤として、塗るタイプと湿布として張るものがあるのですが、どちらもほぼ効果は変わりません。ですので、自分が使いやすい非ステロイド性消炎鎮痛剤を選ぶようにしましょう。最近は、ドラッグストアでも非ステロイド性消炎鎮痛剤を手に入れることができるようになっています。

酵素ドリンク一覧

酵素ドリンクとは

酵素ダイエットとは

酵素とは

関連コラム

最新記事