代謝酵素とは

代謝酵素とは

たくさんの種類が酵素にはあります。
酵素は、人間の生命活動の根源ともいえますので、当然多岐に渡っています。
そんな酵素の中の、代謝酵素について注目したいと思います。
他の酵素と同じように、代謝酵素にも様々な役割があります。

 

主な代謝酵素の役割は、免疫力を向上させたり、新陳代謝を促進させたりと、生命活動の根本に深く関わってきます。
心臓を動かして全身に血液を行き渡らせる作用はもちろん、細胞分裂によって新たな細胞を生みだす事、呼吸をすることなど様々な行動に酵素が関わってきます。
また、免疫機能も司っているため、病気を改善する働きもあります。
酵素は人間の体の根源ともいえます。
そのため、科学者の中には、酵素量が寿命と結びついているのではないかと考える人がいるのです。

 

また、消化酵素と代謝酵素には深いかかわりが存在します。
ここでは、具体的な例を挙げて説明をしていきます。

 

まず、脂の多い料理を夕食に食べたとします。
消化酵素は消化・吸収するための酵素ですので、ここで力を発揮します。
しかし、食事に脂質が多く含まれていた場合、大量に消化酵素が消費されてしまうのです。
脂質が食事の中に含まれていた場合、分解すればよいと考えられるかもしれませんが、この作業が非常に大変です。

 

しかし、この時は消化酵素が体内で充当するように、体内にある酵素が消化酵素にまわされていきます。
そのため、生命活動の維持に必要な代謝酵素の量が減ってしまうという事態が起きます。
だからこそ、たくさん脂の多い食事をとることは良くないと言われるのです。

 

また、病気を患ってしまった場合も同様です。
免疫を司っている代謝酵素は、体内から病原菌を排除するために絶対に必要とされる酵素です。
しかし、脂の多い食事を取ったときのように無駄に消化酵素を使用してしまうと、代謝酵素にまわる分が少なくなってしまいます。
その結果として、病気が長引いてしまうなど体へ悪影響を与えてしまうのです。
病院などで出される食事は胃腸に負担のかからない消化が良い食事となっているのは、これが理由なのです。

 

免疫力が落ちる背景には代謝酵素の不足が挙げられます。
そのような事態が起きないように、普段から無駄に消化酵素を消費するような食事を避けるようにすることが大切です。
健康で病気になりにくい体を作り上げていくためには代謝酵素を不足しないような生活を心がけることが大切です。

酵素ドリンク一覧

酵素ドリンクとは

酵素ダイエットとは

酵素とは

関連コラム

最新記事